スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2008年3月 →2008年5月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 過去日記
         
2008年3月 ←2008年3月    →2008年5月 2008年5月
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

過去日記

2008年4月

 ←2008年3月 →2008年5月
よもやま話 08年04月11日(金) 16:50
健康・病気 - ぎっくり腰の経過
■振り出しに戻る _____


昨日治療後調子が良いからと思って自転車で坂上って帰ったのが災いし、ぎっくり腰の病状が悪化。朝は痛みにグワアーーーーーッと唸りながら手すりにつかまって必死で起き上がった。何十分もかかってしまった。

しかし整骨院近くで遠い(つまり両方遠いのだが)歯医者の予約があったので、また自転車で出かけた。歯医者で椅子を立てたり横にしたりするたびにウウウウと響く。医者に伝えたが「そーですか」と冷たい反応。一応後は気遣ってゆっくり操作してくれたが。(大体ここはちょっと…と思うのでこの治療が終わったらさよならするつもり。)

その後整骨院に行くと大混雑。担当の先生が気にして下さり、冷シップをして頂いて待っていた。気持ちいい~。全身をソフトにマッサージして頂いたのだが、おなかを押しても痛む。炎症が酷いらしい。「仙骨が陥没気味」なのが私がぎっくり腰になりやすい理由だとか。仙骨ってどこだー。でも今日は電気治療がちょっと出来た。鍼はまだ「やっても無駄」。
最後に湿布して、腰を包帯で固定して終了。スリッパも履かないほうがいいと言われてそろそろ歩いて出口へ。自転車は預かっておくのでタクシーで帰るようにと言われ、そうした。楽だった。明日はタクシー呼んで行こう…。近いから気が引けるけど。

いかんせん義母が重大な病状なので、ぎっくり腰程度の私はさほど気に留められてないため、手厚く介護して頂けると心理的苦しみも和らぐ気がする。ちょっと体をひねったりかがんだりするたびに悲鳴を上げてる状態で、実母に報告しても渇入れられる状況なので正直苦しいのだ。
でもいざとなったらこの状態でも頑張るしかない。なんてタイミング悪いんだー。義母は持ち直したそうなので今日は夫も帰ってくる。いろいろな意味でほっとする。

さておとなしく寝て回復を早めるか…。


******

私の009サイトが落ちてますが、やめたわけではありません。なんだかプロバイダーがおかしいようで、メールも駄目になってます。オンラインで問い合わせしたけど、メールが駄目なんじゃしょうがないなぁ~。






コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 08年04月10日(木) 20:01
健康・病気 - ぎっくり腰の経過
■整骨院に行って来ました _____

ここもさんざん放置していたので、一日に2回書く日もあっていいよね…。腰が激痛だけど一人っきりで家にいるから不安なのだ。

雨の中、傘さしても冷たい雨に濡れながら必死で整骨院に行ってきた。コルセットを嵌めているので、エンパイアウェストのセーターを着て。
受付での私の奇妙な動きを見て、先生は瞬時に「ぎっくり腰」の診断を下した模様。保険診療と自由診療を自分の意思で選んで組み合わせられる整骨院なので、提案された保険内治療と保険外のマッサージの他に鍼をお願いしてみたら、様子を見て考えるとのこと。
先生の私の取り扱いの上手なこと!痛くないようにうまいこと誘導して身体の向きを変えさせたり膝を曲げたり脚を伸ばしたり。こうすると痛くないでしょう?という姿勢になると本当に痛くないし、響く場所を叩かれると痛い。
結果、足腰の筋肉が弱りかつ固まり、腰に負担がかかっていたせいで酷い外傷的炎症(捻挫)を起こしているため、患部である腰には触れないので今日は周囲を軽くほぐすだけで、鍼はまだ打たず、テーピングをしてコルセットはきつ過ぎるため太い包帯を腰にぐるぐる巻いて固定することになった。いや~、ぎっくり腰って腰の捻挫だったんですね。

2日間絶対安静で横向きに膝を曲げて寝ているようにとのこと。(起きてるけど~。)シャワーのみ可でお風呂禁止。昨日腰を暖めようとゆっくり風呂に入ったのは逆効果だったのか。(ちなみに今日は患部を冷やした。)
病院に泊まることになってるのだが、と言うと、そんなことをしたら「身体が壊れるからダメ」と言われてしまった(2度も)。明日明後日も続けて通うようにと。
一体どうやって来たんですか?と訊かれた。坂道を傘差して自転車でだよ!タクシー帰りがお勧めのようだったが、自転車持って来ちゃったので帰りも乗って帰った。だってその時は調子よくなっていたから…。

しかしまた痛い~~。痛み止め飲んじゃった…。とはいえ、ひとり横になってるのもつまらないし…。
時節柄、毎日一人はぎっくり腰の人が来るそうだ。ご注意を。私の場合、シンガポールから帰ってきたばかりで気候に慣れてないせいもあるかもと。シンガポールでなったことがあるのは、湿気のせいだろうと言われた。そういやバンコクでも、ギャーギャーいいながらコルセット嵌めて観光したよなぁ。トホホ。

それにしてもなぜこの家族の重大な局面でまた私が病気に?!ストレス耐性なさ過ぎ。情けない…。

先生にも指摘されたが、ニキビ出来てるし、こないだは逆方向の電車に乗ってずーっと行ってしまい、乗りなおしたら今度は乗り越してしまったりとぼーっとしてるし。まだまだ疲れてなんかいられないが、疲れた…。海外引越しあってその後ずっとこんな生活だからもう駄目なところを駄目押ししてる毎日です。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









音楽中毒 08年04月10日(木) 14:04
健康・病気 - 心身の疲れ
■ぎっくるぎっくりぎっくれば _____

ぎっくれ!

昨日外出してみたら腰が猛烈に痛い。しかし痩身教室の日だったのでとりあえず行ってみたら、腰に負担のかかるマシンはよけてやるようにと。しかし一通り終わったら悪化してしまった。

腰が痛くてお尻が拭けない…。シャワー式トイレつけといてよかった…。

これから整骨院に行って鍼も打って貰おうと思うのだが、外はどしゃぶり。一体どうすれば…。

実は義母が危篤状態に陥ってしまい、とうとう24時間体制になって明日明後日と夫は病院に泊まるので、私も一緒に行こうとしていたんだがこの腰では危うい。色々難儀なことが起こるものだ。

日曜カウンセリングに行って話しているうちに、私の鬱積した怒りの原因となった一言が判明。そのことについては結局話し合うも解決を見ず。しかし色々反省はした模様。
今は責めたり議論したりする時期ではないので、仲直り状態にはなった。アンデスに行ってしまいたくはなくなった。

******
のだめに出てくる音楽を聴いてみたくなってコミックスのCDブックを2冊と、誤って(絶対見ない)ドラマ版のベスト100CDを買った。しかし誤って買ったやつの方が音質・演奏ともにいいものが多い気がする。ものによりけりだけど。コミックス版のほうは本人指揮のR.シュトラウス「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」が入っていた。
でも通して聴くとやっぱ疲れるなぁ~。小松亮太聴いてほっとしたりする。

音楽好きの癖になんで基本的なクラシックを知らないか?というと…反動というか…。子供のころからモーツァルトマニアの父がかけている音楽が身辺に溢れていてもうおなかいっぱいで、自分で選んだ音楽はclassic通り越してearly music=古楽とバロック、近代音楽ばかり。間がすっぽり抜けている。だからのだめがよく弾くラヴェルは持っていても、千秋が振ってるベートホーフェンは抜けているわけ。聴いてみたら意外と悪くなかった。ちなみに中学生の頃ブラームスが好きで北ドイツに憧れていたが、現在の同居人がマーラー、ヴォルフ大好きで(これらのCDはどんちゃかある)、「ブラームスが苛めたからヴォルフは自殺した!」と言って嫌っているので一人のときしか聴けない。
ちなみに性格(だけ)が千秋に似ている夫は漫画の千秋部分はすらーっと読めて、「自然じゃん。なんの抵抗もない。この反応が普通」とのこと。似たもの同士ってすごいですね…。この依怙地!オレ様!とか思わないんですかね。

この音楽の波、10年振りに来た。前回はあの「ロンバケ」だから、つくづくミーハーだ。こういうのは、「昔音楽をやってたけど、今はやめちゃってる。でもやっぱり好きだし未練がある」層に受けると思う。私は小3から中3までピアノをやっていて、高校時代はジャズピアノとエレキギター、大学時代は古楽でアンサンブルしてたので(指揮されたこともある)、「おおっいい響き出たー!」「うまく合った~~!」「ここがカタルシス!」(「練習が苦しい…」も)という感情をよく理解出来るのでのだめは凄く面白い。今は楽譜もろくに読めない。ヘ音記号は忘れたし、リュートは使わな過ぎて壊れたし。色々落ち着いたら、リュート直して貰って弾こうかな~。(でも、調弦がなぁ~。)
今私の音楽を表現できるのはカラオケだけなのよ~~~。もっとうまくなりたい! こないだは「下弦の月」でついに小松亮太作曲の歌を歌えたし!




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 08年04月05日(土) 00:46
健康・病気 - 心身の疲れ
■もう駄目だーーー _____


この間夫の誕生日にちゃんとしたレストランに行ってちゃんとした食事をし、ワインを飲んで楽しく過ごし、その後カラオケに行った。楽しく歌っていたのに、最後から3曲目で私が夫の歌ってる歌を一緒に歌って熱唱したら「歌を取った」と言われて激怒され(カラオケなのに…)、ぷいっとトイレにいなくなり、なんとか最後の曲まで歌って出たが荒れに荒れ始め、当たりに当り散らされ、私の何もかもを否定するようなことを言われ、精神的にボッコボコにされて、とうとうボロボロ泣いていたら、怒鳴りながら「普通子供もいるような年なのになんでそんな態度取るの?馬鹿じゃないか×●▲じゃないかどーのこーの!!!!!!」と罵りに罵られ、


参った………。


実はその前日、空きが出来て末期癌の義母がホスピスに入ったのだ。
そりゃ、私は病人で精神的にも弱くてろくに見舞いにも行けてない。しかし「正直面倒見切れない。実家に帰っててくれる?!」まで言われちゃね。何の面倒さ?ほとんど留守宅預かりで、帰ってくる日にはおいしいもの一生懸命作っているのに。

本人一応気にしているらしく、夜桜見物に誘ったりしてくるが、言葉で言われたことは言葉で整理して返さないと私はいられない。でも今は腫れ物には触れない。何が起こるか…。
あれ以来あのカラオケで歌った曲はトラウマになって聴けないし、思い出したくもないし、毎日ベランダから飛び降りてしまいたい衝動にかられてたまらない。

私は父が自殺したとき誰にも当たったりなんかしなかった。まだ学生の妹と二人、会社に入って研修中の私は母を支えなきゃいけなかった。毎日会社でも笑って過ごした。
私は強いから、弱い人の気持ちが分からないのか?やっぱり、いきなり死なれるのと弱っていかれるのと違う。だから私は完全に気持ちを理解することはできないだろうことは言ってあった。

存在を否定される罵声をあんなに投げつけられまくったことはなかったんで、どっかおかしくなってしまったみたい。1週間我慢して過ごしたけど歯車が軋んできた。夜が明けたらカウンセラー先生に電話しよう。

どこか遠いところへ行ってしまいたいから…。

以前、同じ言葉をカウンセラー先生のところで言ったとき、「それは自殺のサインです」とその夫が別室で言われたそうなんで。今きっとやばいんだ。

やっぱ、こんな不安定な妻と病気の母抱えてちゃやってらんないんだろうな…。
だから私はプロの力を借りるんだ…。






コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 過去日記
         
2008年3月 ←2008年3月    →2008年5月 2008年5月

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[2008年3月]へ [2008年5月]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。