スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2006年9月 →2006年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 過去日記
         
2006年9月 ←2006年9月    →2006年11月 2006年11月
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

過去日記

2006年10月

 ←2006年9月 →2006年11月
よもやま話 06年10月31日(火) 11:30
ペット・動物 - 愛猫物語
■猫の災難 _____

(昨夜マイぷれすバグのため投稿できなかった)

前日6時以降ご飯を貰っていなかった猫、早朝から鳴きまくる。これから起こることも知らずに…。

9時15分前、とうとうケージを出し、猫を押し込む。不思議なことに、抱っこされた時点で気づくのだ。普段なら抱っこされても嫌がって暴れはするが、ケージに入れようとする前は本気で抵抗する。何故分かるのだろう?

9時に獣医さんに着くと、5時頃迎えに来るよう言われた。
そして迎えに行って驚いた!てっきりいぼは本体だけポツッと取るのかと思っていたら、かなり広範囲に毛を刈られ、大きな傷が縫ってあった。身体のあちこちにあったので、全身まだら刈りで、なんだかゴルフコースの芝のような感じ。

猫は檻の中でぶるぶるぶるぶる小刻みに震え続けていた。人工呼吸器のせいで声もガラガラ。鳴くと何だかコワかわいそう。家に着いても完全に挙動不審。今は大分落ち着いたが、まだガラガラ声で興奮していて寝ない。まあ、昼間長い間熟睡してたせいもあるだろうが…。

傷は痛くないかな。早く治って毛が生えるとよいなぁ。(刈られた部分はするっとしていて
、結構触ると気持ちよかったりする。)




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月30日(月) 00:31
ペット・動物 - 愛猫物語
■かわいそうなネコ _____

ネコがお腹を空かして鳴く。喉が渇いて鳴く。
私がいすに座っていると、伸び上がって片手で身体をチョイチョイと叩く。
カワイイ。

しかし、ご飯もお水もあげられないのだ。
何故なら、明日の朝はいつかは知れない帰国のための検疫の血液検査だから。今度は眠らせて血を採る。

可哀想だなぁ~。

(ラッフルズ・レポはいっぺんにやると何だかなぁなので一日おきくらいにします。)




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









旅行記 06年10月29日(日) 01:15
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ラッフルズ・レポ1 _____

書いては消えてたラッフルズ・ホテル宿泊レポ。

服と靴とバッグ、そしてメイクとフレグランスを考え抜いてぎっちり荷造りした。前日は目が冴えてあまり眠れず…。なにせ一世一代のラッフルズ・ホテル宿泊ですから。滞在者用割引プランだけどナー。

皺になると困るので、夜用の黒のシルクドレス(ベトナムのブティックで購入)とコットンドレスは直前にトランクに入れた。出掛ける時の服は、ベトナムのシルクオーダー店の刺繍入り渋ピンクブラウス(既成)。しかしあわせるボトムがなく、下はジーンズにサンダルという出で立ち。ありゃりゃ。

24時間チェックイン&アウト、13時にチェックインを決めてあったので、その15分前に家を出、二人、一泊のくせに結構な大荷物でタクシーを止める。
「タクシーの運ちゃんがっかりするだろうなぁ」と夫。そりゃ、チャンギ空港に行くと思われるよねこの荷物じゃぁ…(私に至ってはトロリー引いてるし…)。ちなみに荷物の1/3は確実にコスメだった。
持参した読み物は、『ブラフマンの埋葬』『パーマネント野ばら』今年発行の『地球の歩き方 シンガポール』(ラッフルズでラッフルズについて読むため) 雑誌『美的』、薄いカタログ2冊。だったかな?

いつも通る道がなんだか違って見える。見えてきた旧国会議事堂、Suntec City、そしてついにRaffes Hotel。
正面につけてもらうとすぐさまホテルマンがドアを開け、荷物を出して盛ってくれる。しかし痛恨!!あの立派な出で立ちのインド人ドアマンがいない…。あの人に迎えて欲しかったのに…。ちなみに、夫が自家用車でなくタクシーを使ったのは、正面玄関に乗り付けてもてなしてもらうためだったそうだ。

金属の檻…じゃない衝立?何ていうんだろう、で仕切られた意外に小さなフロントでチェックイン。ちなみにパスポートが必要。大変に愛想がよい。(パスポートを預けるのかと思ってここに置いて行ってしまったら、あとで持ってきて頂いてしまった。注意。しかもケースまで置いてきて、二度手間させてしまった…。)

その受付の白スーツの恰幅のよい中国系の男性に部屋まで案内して頂くと、担当ドアマンが紹介される。細面で見栄えのよい青年であった。その人が部屋の使い方を丁寧に説明してくれる。4mもある高い天井、玄関廊下、右手にバスルーム、ツインのスイートだが寝室にはそれぞれ2人は寝られるベッド、枕は格4個。奥に通りへのベランダに面した書斎兼リビングダイニング。なんとエスプレッソメイカーまである!夫はこれだけで3枚も写真を撮っていた。もちろんいそいそと作って飲む。

書き物机は教授が部屋の奥で研究でもしてそう。ここで教授ごっこをして遊んだ。ガラステーブルの上には名前入りでおもてなしのお手紙。足付きのジノリのフルーツ皿にふんだんに盛られたオレンジとすもも。さっそくすももを食べると、おいしい!



Raffles Hotel by Night


まだまだこの24時間は始まったばかりだ…。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月27日(金) 23:51
コスメ - ☆今日のネイル☆
■ハロウィンネイル _____

昨日ラッフルズホテル滞在記を書いたのに消えたダメージが残っているので(昨日のエントリはメモリが勿体無いので消しました)、今日はちょっと違う話題で。

何日か分からないのだがまだ日にちあるだろうってことで、ハロウィンネイルにしてみた。





ベースはO.P.Iの18K GINZA GOLD。ゴールドといいつつパッと見はまるっきりオレンジ。薬指の黒は韓国のパクリまくりブランドTHEFACESHOPのもの。幽霊の白はSasaブランドのもの。百均で買ったネイルアート用の筆で絵を描いたが、固まってたしほぐしても描きにくいしで、ちゃんとしたのを買ったほうがいいかと思う。右手は全部オレンジ色の無地。

ところで、資生堂Rose Royaleパルファム、素敵過ぎる…。こっちのShiseidoカウンターでも売るだろうか。でも高い!!ちょうど先日久々にベルばら前半を読んでフランス革命サイトを読みふける日々が続いたので、妙に印象付けられてしまう。今日はラインストーンを雫みたいに散らした黒薔薇の指輪を買っちゃった!(安いけど) 黒薔薇はジャンヌのイメージだな。

それとボーテドコーセーのコフレが気になる!アンテプリマとのコラボ…。でもあまりにも小さいし、茶系グラデパレットは今秋豊作だったしなぁ。

あとはゲランのコフレ!これも高いけどガーネットがテーマだとかで、直球だわ。多分シンガポールにも入ってくるはず。チェックせねば。
もし日本にいたら、ジル・スチュワートも買ってしまうかも…。それと、こちらにカウンターのあるポール&ジョーも危険だ。ボディパウダーのパフが可愛いのだ。でもこの女子プロレスラーの如き体格でパールパウダーは使えない。いや、いつか痩せれば…(延々)。

ちょうど夫が先日の日本出張で『美的』12月号を買ってきてくれたのでコフレ特集を見てしまったのだ。それにネットでいくらでも情報は入ってくるし。

11月中旬に私を日本に放つと非常に危険




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月26日(木) 01:54
故郷・地域・海外 - 海外生活
■猫の災難 _____

うわああああああん!!猫ごめんよぉ!!

猫をシンガポールから日本に連れて帰るには、大変煩雑な手続きをしなければならない。去年までシンガポールは検疫が割りと楽な国のひとつだったが、今年から手続きが煩雑な国のひとつになってしまったのだ…。そのせいで今日は2度目の検疫と血液検査のため、猫を獣医さんに連れて行ったのだった。

まず、喉の毛をバリバリ刈られる。なんと!頚動脈から血液を取るのだ。しかし、首を上げさせて押さえていても、そんなことをされて猫がじっとしているはずはない。注射針は本体から斜めに出ているものだったが、よりによって首にそんなものを刺されている様子は見ていてもとても辛い。
それでうまくいかなかったので、次は手の真ん中辺の毛を刈られて、そこから取ることに。しかしやはり動いてしまうし、血管も細いせいかまったく十分な血が取れない。助手の若い男の人は、「血が出なくなるからそこ押さえちゃだめ」などと注意されていたが、どうも上手くいかなくて途中で若い女性へと選手交代。この人に代わったら猫も大分大人しくなってきた。もちろん私と夫も必死で協力。声をかけたり猫が気持ちいいところをぽんぽん叩いたりなでたり、鼻先をツンツンしたり(お医者さんの指示)したが、やっぱりどうしても動いてしまって上手くいかない。

あまりに痛々しくて可哀想で、涙が出そうだった。もう、代われるものなら代わってやりたいとはこんな気持ちか!と初めて知った。私なら手術にも採血にも注射にも慣れているし、なんぼでも耐えられるのに。自分の血管にハリが刺されるのを見るのは何ともないのに、猫に刺されるのは直視が辛かった。私たちと一緒にこんな国まで来たからこんな目に遭うんだ。

結局、今回刺したところは痣になってしまうので、来週眠らせてやりましょう。ついでにいぼも取りましょう、ということに決めた。若くはない猫なので、麻酔もとても心配だが…。

可哀想で辛くて辛くて、我慢していたが結局帰りの車で涙がこぼれてしまった

猫は家に帰ってもまだ暫くは緊張していたようだったが、もうすっかり元に戻っている。喉と手が禿になっているのも気にならない様子。来週連れて行くときはまた凄く嫌がるだろうが、この切り替えの速さは人間も見習うべきものがあるような気がする。

しかし日本の検疫、何とかして欲しい。ヘンテコな規則ばっかりで、まるで嫌がらせだよ!!取った血液なんか、なんとイギリスに送るんだから!まったく!!

にゃー??




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月25日(水) 01:59
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ラッフルズホテルに泊まってきた _____

なんだか夢見心地で、あの時間と空間だけが日常からぽっかりと抜け落ちているかのような気分。レポは後日。

前から欲しかったので、この機会にとうとう買ったドアマン縫いぐるみ。お約束と言うか、ズボン脱げるかどうか試してみた







コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月22日(日) 01:35
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ディーパヴァリ _____

今年は10月21日がディーパヴァリ(ヒンドゥ教の光の祭典、ヒンドゥ正月)だった。もしかしたら見られるのは今年で最後かも、というわけで夜から一人でリトル・インディアに行ってきた。

本当は家の近くのバス停から一本で行けるのだが、ちょっとオーチャードにも寄りたかったし、とりあえず最初に来た行き先違いのバスに乗ってオーチャードへ行き、Charles & Keithを見に行った。安くてデザインがいい。でも買うなら来月だな。ラッフルズ・ホテルに行くのに着る黒の絹のワンピースには、探してみたらBruno Magliの黒のパンプスが合ったので。

MRTで2駅乗ってDhoby Ghaut、そこで大分歩いて乗り換え、一駅でLittle India。乗り換えに時間がかかるのが難だな。今度はバスで行こう。
それはともかく着いてみたらイルミネーションがとても綺麗だった。今年は孔雀がテーマなので、紫、緑…とカラフル。通りの上にずらっとイルミネーションが掛かっている。デジカメを持っていくのを忘れたのが悔やまれる。インスタントカメラを買おうと思ったが高かったので断念…。あー、最後かもしれないのに、買えばよかったなぁ。

こないだ行った賑やかな市はすっかり解体されてしまっていた。なんというか、年末のアメ横の騒ぎが、お正月になるとすっかり静かになってしまうのと似ている。


これは2004年の市の写真。



例によって街は隅から隅までインド人男性ばかりで賑わっていた。たまに日本人や西洋人観光客がカメラのシャッターを切っている。更にディープな場所まで行ったら、本当に私以外インド人でない、しかも女性は一人もいなくなった。ふと「自己責任」という言葉が頭を過ぎったが、うらぶれた感じのインド料理の店でキーマカレーを持ち帰りにして貰った。

帰り、タクシースタンドもあったのだが意地でもバスで帰ろうとバス停を探したが、こちらではかなりの割合で道3車線とも一方通行で、反対のバス停が違う通りにあるため、必死で探すも見つからず。結局疲れ果ててMRTで1駅行って、Plaza Singapuraをちょっと覗いてそこの向かいからバスで帰った。

初めて一人でリトル・インディアに行ったのでなんだか達成感があり、満足。またふらふら行ってみよう。

ところで、初のラッフルズ・ホテル宿泊に備えて化粧品を厳選し、メイクも考え抜いた。荷物多くなりそう。去年ポール&ジョーのノベルティで貰った小型トロリーバッグの出番がやって来た。

あ、夜中に夫が日本出張から帰ってきました。ほっ。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月21日(土) 01:05
故郷・地域・海外 - 海外生活
■豹柄ネイルでラッフルズ・ホテル _____

昨日は6時から12時近くまで友達&友達の会社の後輩の後輩と泡盛飲んで帰って疲れたので書けなかった。後輩さんは私たちより8つも若くてとても可愛かった。来て4ヶ月なので、シンガポールでどこが気に入ったか訊いてみたら、「マーライオン」と。私もマーライオン大好きだ!

掲題の件だが、火曜に友達のうちでネイリストさんにペディキュアして貰った。私はギリギリに行ったのでデザイン本を吟味する時間がなく、ちらと目に入った豹柄にした。ウー。




友達めちゃめちゃ評判が良かった。ランダムに乗せたラメが良い。しかし、個人的には地の色が好きでないのが残念。ゴールド系が良かったなぁ。あと、なんかコモリガエルの背中みたいに見えなくもない… 小さい爪には、くどく見えないように斑点は3つずつ。センス良いなぁ。今度ゴールド地で真似できないかな。

手は全然合わないがガイドテープを使ってフレンチにしてみた。昨日まで単にベースカラーのessie Au Naturalだけでシンプルにしていたのだが、日曜から憧れだった「ラッフルズ・ホテル」に一泊するので、上品に。白のポリッシュはSasa自ブランドのWT005。
しかし足がナイトサファリ状態…。せっかくの機会なので、ベトナムで買ってきた黒のシルクワンピースを着るつもりなのだが、いつもサンダル履きなので合わせるパンプスがない!日本から持ってきたパンプス類は型がもう古く、ヒールが太くてドタ靴ばかり。明日見栄えのいいストラップ付きサンダル探して来ようかな…。

ちなみに写真左上に写っている毛皮(?)はうちの猫。手足にカメラ向けてたら、カメラに頭突きしてきたので追っ払った所そばにゴロッと寝た。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 06年10月19日(木) 02:24
故郷・地域・海外 - 海外生活
■1日で治る風邪 _____

朝食を食べてから、珍しく猛然と家事を。クイックルワイパー(但しペーパーはダイソー)で家中を掃除し、皿洗い、シンク及び周り掃除、洗濯物を畳み、それをしまって…とやっているうちに段々ふらふらして気が遠くなってきた。一旦横になろう…とベッドに入った瞬間、体の力がガクガクと抜けて倒れてしまった。いやー、大したことやってないのに…。もしや、と思って下まぶたの裏を見ると、真っ白。貧血だ。

ご飯も食べられずに寝て、友達に借りたマンガ「かってに改蔵」を読んだり、小川洋子の「ブラフマンの埋葬」を読んだりしていたが、どうにもならなくて目をつぶって寝ていた。

いい加減4時も近づいたのでそうめんとオクラを茹でて昨日買ったCarrot cake(大根餅)と春巻を食べ、人心地が付いたものの手の平やら全身にじっとり汗をかいて、大変に具合が悪い。熱を測ってみると37度の微熱。また寝た。

どうしても夕飯を食べに出る気力もなく、冷蔵庫に大した食材もなく、冷凍庫にはピザや餃子などしかなく、くどくて食べられそうにないので結局おかゆを炊いて玉子粥にして食べた。そしたらなんとなく元気に…。

夕方から、Win Media Playerでアーティスト名アルファベット順になんと12枚分のアルバムを聴いた。
アーティスト名不明ごちゃまぜ→スーパースター・ラジニ様(インド・タミル)の映画Babaのサントラ→日本のヒット曲メドレー(海賊版)→シャンソンベスト盤2枚組→アル・ジャロウ→アマリア・ロドリゲス→アジアン・カンフー・ジェネレーション→アストル・ピアソラ(大量)→ビョーク
こんなに聴いてまだBだ…。

猫は夫がいないので情緒不安定になっている。


玄関で待っているの図。(普段はこんなところに寝ない)






コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月17日(火) 23:48
故郷・地域・海外 - 海外生活
■グロい煙草 _____

シンガポールで煙草売り場に遭遇すると、ギョッとする。
それらは壁一面にきっちり並べられている。
その光景は、うっかり踏んでしまった「精神的ブラクラ」サイトのようだ。
何故なら、煙草のパッケージ上部に、本体の半分の面積を取って、このような(グロ注意)恐ろしい写真が印刷されているからである。

シンガポールは国を挙げて禁煙政策を取っており、パブリックスペースは殆ど禁煙である。煙草は一箱11ドルくらいする。
まあ、この写真の示す通りで、実際煙草は恐ろしいものなのだ。

それにしても、小説なんかの小道具になる「煙草」だが、こんな箱だったら到底無理だな。

シンガポールって面白い…でしょ?




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月17日(火) 01:32
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ヘイズ _____

最近全く青空を見ていない。ヘイズのせいだろうか?暫く前から霧がかかったように辺りが曇っている。空も曇っている。そして煙い。喉も痛い。


家から見るとこんな感じ↓



ニュースでもかなり報道している。Unhealthyな状況らしい。これ以上ひどくならなければよいが。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月16日(月) 01:05
故郷・地域・海外 - 海外生活
■消えやがった…………。 _____

慣れない「漫画」スレッドであちこち調べて1時間もかけて書いた記事が消えた…

念のため右クリックでコピーしてあったんだが、アマゾンISBN番号をうっかりコピーした瞬間に…。明日にでも気を取り直したら書くか………

今日はポール&ジョーの品切れだったファンデーション・プライマー02 MIELを受け取りにIsetan Scottsへ行った。何故か店員さんが一人で、そこへオヤジ2人と割と普通の女と、世界は自分のためにあると思っているようなケバい女がいた。そのケバい女はノベルティのトランクが欲しいらしく、あれこれ選んで動かないのであちこち行って子一時間時間を潰した。しかしまだいる!皆で乱雑にテスターをいじくって、メイクし合いっこして。更にじっと待って、やっと受け取りが出来た




左から、FOUNDATION PRIMER N 02 MIEL 日本語名?ハニー。01(ドラジェだったか)は白すぎるのでこっちにした。店頭の棚を見たらやっぱり日差しの強い南国、02は品切れで01の在庫がいっぱいだったよ!
NAIL COLOR 30 PERLE DE LUNE 日本語名「月の真珠」単色塗りにもアートにもよい細かい銀ラメ。うっかり床に落として割ってしまったので、2代目。
同SOUPCON(Cセディーユ)日本語名「チラリ」白っぽいベージュにゴールドパールが入っている綺麗な色。
品物を入れたトレーは、買った時に貰ったノベルティ。ホックでとめるようになっている。

結局コスメ話になっちゃったじゃんか~~~!!!




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月15日(日) 02:15
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ディーパヴァリ近いリトル・インディア _____

土曜は夫とまずTakashimayaに行ってトランクを見て歩いた。Paragonの旅行用品専門店にも行って比較し、結局Takashimayaで黒いトランクを購入。

その後、ヒンドゥー教のDeepavali(光の祭典)の飾り付けと市を見るためにリトル・インディアへ。今年は紫の孔雀の飾り。ちなみに去年は白い象の飾りだった。カメラ持って行けばよっかった…。市でインドのお菓子を2種類購入。記念になるので、なるべくインドらしい感じのDeepavaliグリーティングカードを4枚購入。供物売り場では、むせ返るような花飾りの香り。ジャスミンの香りは強い!

インド八百屋で1キロ70セントのトマトと子茄子を計り売りで買ったら、両方で1.5ドルだった。安い!!何かインド料理を憶えたいと言う気持ちがむくむくと…。

こじんまりしたスーパーに入り、インド独特の品はないかと見て歩いた。まずアーユルヴェーダに基づくらしい謎の液体を発見。何に効くのか?と見てみたが、英語の説明書のうち、これを飲むと「こうなる」の部分だけインドの言葉で書いてあったので分からず、購入には至らなかった。日本人にも効くのかな?
ずっと欲しかったインドカレーのミックスパウダーも発見、即購入。合わせて食べるべくインド米も購入。

その後Tekka Mallで日用品とビールなどを購入して帰宅。




何故かリトル・インディアの宝飾店から届いたディーパヴァリカード。上下の帯にお米と葉っぱに乗せたカレーらしきものが。
しかしあの華美な金のネックレスだのなんだのはインド人でないと似合わないのではないかな。ビンディ付けてたらインド人のドアマンに拝まれてしまった私には似合うかも…

夫は夜から日本に8日間の出張に行ってしまった。早速買ってきたトランクに荷物を詰めていたが、使いやすそう。いよいよ出立というときになってつくづく、最初に言われたとおり一緒に日本に行けばよかった…と後悔した。でもまあ、今はシンガポールでインド系のDeepavaliとマレー系のHari Raya Puasa(ラマダン明け)のお祭り状態なので、離れるのは勿体無いかな。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 06年10月14日(土) 02:45
故郷・地域・海外 - 海外生活
■七転八倒 _____

1時に友達とBrewerkzで待ち合わせ。ハッピーアワー中でも最も安い12~3時の間に1パイント3.49ドルでおいしいビールを飲みためである。

おいしいつまみを頼み、あれこれお喋りしているうちに杯は進み、結局7時位までいてなんと5パイント=2.36588237リットルものビールを飲んでしまった…。しかもその中にはアルコール度6.8%なんてのもあったわけで…。
お店のおじさんにも、「そろそろ夜になってきたよ~、もう1杯どう?」なんて言われる始末。

それでもまだしっかりした調子で明治屋で買い物。
友達の旦那さんから帰るコールがあったので、一緒に待ち合わせて食事しないかと言われて上の階の紀伊国屋で本を見ながら待っていたのだが、どうにも気持ち悪い。好意を辞して帰途に着いた。

それからが大変!はくは頭が痛くなるわ、とにかく気持ち悪い。仕舞いには熱も出てきた。具合悪くて横になっても、苦しくてどうも落ち着かない。更には激しくお腹を壊した。もう全身にアセトアルデヒドが回って暴れまわっている感じ。
(しっかし、友達ホントにお酒強いな…。多少頭痛の気配がするとは言っていたが、平気そうに待ち合わせしてたし…。)

今漸く落ち着いた…。
もう二度とこんな暴飲はしないぞ!!心から誓った(何度目?)。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月13日(金) 01:41
コスメ - コスメ日記
■Bobbi Brown THE GOLD EVENTに行ってきました _____

Raffles Cityのアトリウムで大々的に行われているボビィのゴールドイベントに行ってきた。前もって予約してあり、80シンドルのヴァウチャーを購入でメイクオーバー、アイブロウトリミング、ヘアセット、写真のサービスが受けられるというもの。

まず受付でメールで来たものを印刷した予約表を出して開始。MAさんは細くてちょっとくねっとした男性。
メイクの時、眉ぼさぼさなのに「今日はまだいいから後日」と言って18日まで有効のチケットを渡される。…何日も違わないじゃん。
一応自分でしていったボビィメイクをまず落とし、オレンジのいい香りの下地をつけ、コレクターでクマを下修正、その上からクリーミーコンシーラーを乗せて隠す。私はクマが酷いので、かならずこれはやられる。それからスティックファンデーション。何色もあるので色がぴったりあっていた。眉はごく薄く、アイシャドウのマホガニーで入れる。アイシャドウはマットかシアーか訊かれたのでシアーをお願いしたら、スティックシャドウで下地を作り、限定のダイアモンド・ダスト・シャドウのgildedをアイホール全体に、ブラックプラムを目尻よりに太いくの字形に、ダブルライン風に入れる。ロンフウェアジェルアイライナーのブラックインクで白目の幅だけアイライン、ビューラーで睫毛を上げてからブラックのマスカラ。チークはオレンジをお願いした。リップは結局いつもつけているようなローズベージュを選んでしまった。仕上げにシマーブリックのゴールドをハイライト的に。

なんかちょっと、地味コワ?と思いつつ、いい感じです!と言って終わって、ヴァウチャーで買うものを訊かれ、シマーブリックと今使ったダイヤモンド・ダスト・シャドウをお金を足してレジで購入。

あれ?次のステップへ案内されない。で、写真撮影の場所に行くと、「ここはボビィ・ブラウンがやってるんです、あっちで受付してください」などと言われる。埒が明かないのでもう一枚印刷してあった予約表を出して説明すると、カメラマンが受付と色々やりとりして漸く3枚撮ってもらった。デジカメで、PCが数台あり、修正掛け捲っているのを目撃。30分位で出来ると言われ、店を見て回ってから受け取り、帰りはバスで帰ろう、と目星をつけた出口から出たが目指す停留所が見当たらない。そのままRaffles Cityに戻って色々な出口から出てみたが分からない。ここかと見当をつけてチャイムズの方に行ってついでに店を見たり、更に迷ってラッフルズホテルの回廊を歩いたりして疲れ切っているうち、「そういえばヘアセットしてもらうの忘れた!でももういいかなぁ…疲れたし…」と思いつつまたRaffles Cityに戻ったが、会場が目に入ってふらふらと受付に行き、結局へアセットをお願いした。前回イベントに参加したときと同じく、ぐるぐる巻きのすごいカーリーヘア!!スタイリストさんに「カーリーの方が似合う」と言われたが、どう見ても青江美奈であとはおぼろ。しかしこんな見事な髪型になることは滅多にないので、再び写真をお願いしたら、私のことは忘れてるようだったが、なんだかセット写真を薦められ10ドル取られた。多分メイクが分かるように、顔だけのアップにも出来ますよ、と言われたけど普通に上半身にしてもらった。いつものことだが硬くて笑顔が足りないと指摘される。また30分後と言われたのに出来てなくて、更に30分後受け取って帰った。修正入っても見るに耐えない自分のアップ…。
また来るのが面倒くさいのでこの時アイブロウも整えてもらった。同じMAさん。なんだか同じメイクが急に洗練されたカッコよいものに!眉は薄く、アイメイクは濃く。新鮮だ。

疲れ切って、MRTで帰ろうと出口を出たら、さっき見たのと違う方向に目指す通りを発見!無事バスで帰れた。意地でもタクシーに乗らなかったおかげで、珍しいアタマにすることが出来てよかった。…そもそももうちょっと連携してやって欲しかった…まあ、ここは日本じゃないしな。




DIAMOND DUST SHADOW GILDED 4
名前の通りダイヤモンドダストのようなキラキラが入った淡いゴールド。綺麗!36ドル。

SHIMMER BRICK COMPACT GOLD
箱の文字からしてゴールド、ケースの文字もゴールド、縁もゴールド!
白、コーラルピンク、薄いゴールド、オレンジゴールド、ライラックグレー(多分)。アイシャドウに出来るのだが上と色味はかぶった。5色別々に手の甲につけてみたが、ゴールドシマーが強くて区別がつかなかった。
ちなみに家でハイライトとして重ねたら、タイの仏像のようになってしまった…。つけ過ぎ注意!!

無駄に長くなってしまいましたが、シンガポールのボビィのイベントはかなりお得なので、色々自分で注意することは必要ですが、行って損はなしです。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月12日(木) 01:54
故郷・地域・海外 - 海外生活
■慌てています _____

多分あと1年くらいで帰国するのではと思うので(といっても4年以上いた人もいるので確かではないが)、今のうちにこっちの風習をしかと見たり、色々な食べ物を食べてみたりしたいと焦り出している。
今日はFood JunctionでBo Bo Cha Chaという、ココナツミルクベースの甘い汁に求肥やかぼちゃなどが入ったお気に入りの暖かいデザートを食べた。これ、かなりお腹いっぱいになる。

それと、まだ映画館に行ったことがないので何かめぼしいのがあったら行こうかなとか、劇場にも行かねばとか、行ったことない店に行こうとか、近隣諸国に旅行に行っておこうとか、焦ってしまう。
なんだかだらだら漫然と過ごしているうちに2年経ってしまった。

******
今日の晩御飯は、ドライトマトを手に入れたのでアンチョビペーストとオリーブとにんにく、鷹の爪のスパゲティ。おいしかった!近くのショッピングセンター地下のCold Storageというスーパー、今までは週末などにカートをがらがら押しながら夫と二人で目指すものだけ買っていて、細かいところを見ていなかったのだが、一人でかごを持って仔細に見て歩くと、実にいろいろなものがある。ギリシャの葡萄の葉にごはんを巻いた前菜の缶詰や、クスクスや、マラッカの調味料や、もう数え切れないほど。ここは最近改装したので、もしやそれ以来品揃えが豊かになったのかもしれないが。

******
最近ドラッグストアWatsonsで買ったL'Orealのtrue match Super-Blendable Two Way Powder Foundation G4 SUN BEIGE。29.90シンドルだったかな?



手持ちのファンデが焼けたこともあってやたら顔から浮くので、口コミで評判の良いこれを購入(色番など違うが。ちなみにこれは中国製造)。さんざんテスターで試して、首の色に近い色を。どうも顔は赤っぽくくすんでいるのだが、首の方が白くかつ黄味が強いため、顔に合わせてしまうと浮いていたのだった。2日使用したのだが、最初は付属パフで。なんだか厚塗りになってしまい、マット過ぎて老けたし、崩れ方も汚いしで失敗したかと思ったが、ブラシでつけてみたら程よいカバー力で透明感も出た。安いし、お勧め。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 06年10月10日(火) 01:30
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ウィキペディア _____

最近ウィキペディアにはまってしまった。
ひとつ調べだすと、関連語句についてどんどん調べてしまい、気づくと数時間経っていたりする。宵っ張りでいつまでも調べ続けたり。

やっぱり何かと自分の興味のある分野を調べることが多くなりがちなので、そんなときは時々「ここ違う!」と思うこともあるが、自分で編集はしない…。

しっかし凄い中毒性ですわ。広く浅い知識は身につきそう。

今日は「旅客機」についてのページを開いたままにしてたのを夫に見られ、大爆笑されてしまった。頑張っているのに!!キィィーー!




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月09日(月) 01:24
故郷・地域・海外 - 海外生活
■コスメ散財 _____

なんだか金曜土曜と深夜まで深酒してしまい、更新できなかった。
こんななもんで、お腹が急に太って苦しい なんとかせねばなぁ~。

土曜はポール&ジョーの時間限定20%オフの催しがあったので、前から欲しかったがオマケつきの時にでも買おう…と思っていたものをこの機会に買おうと行ってみたら、いつもまったりしている売り場が戦場のようになっていた。またプリント柄手提げバッグだのトロリーバッグだの豪華なノベルティも出ていたが、私はマニキュア2つと化粧下地くらいしか欲しいものがなかったので、20%オフだけでもありがたいと思っていたらなんとトレーをくれた。

さらに夜飲みのついでにCentrepointのシャネル売り場(カウンター方式ではない)を覗いたら、アジア限定ベージュコレクションが入荷していた!ネットで見たイレール・ブラッシュの色に惹かれ、買いたいと思っていたので待ちきれず、日曜にもう一度一人で行って見ていたら、BAさんにすかさず声をかけられる。で、チークをつけてもらうことにして、ネットでも大評判になっていたキャトル・オンブルのガレについては、つけて貰わなくていいです、と言ったら思いっきり舌打ちされた!……。しかしとりあえずチークを入れてもらうと、凄くいい色だったので購入決定。しかも手の甲につけてあったガレの色味を見ていたらやっぱりこれも試したくなって、結局物凄く丁寧につけてもらった。態度が豹変…。と思いつつも、とてもいい仕上がりだったので結局それも買ってしまった

今日久々に「ベルサイユのばら」の前半部分を読んでいて、マリー・アントワネットの浪費とバカっぷりに自分のコスメ散財を重ね、落ち込む。今週はボビィのメイクイベントも待っているんだよね…。
とはいえ、徐々に写真と使用感などアップしていきたいと思います…。

大体、家から歩いて15分で行けるところが日本の銀座通りみたいなところで、私の知っているだけで(DFS含め)6箇所もコスメ売り場があって、しかも日本より安いとくれば…。アホな自分はついふらふらしてしまいます。しかし顔はひとつ!




これがハーゲンダッツの月餅。多分実物大。こうしてみるとつくづくただのチョコがけアイスって感じなんだが…。もったいなくてまだ食べてません。(てか中秋節にも飲んでたし…。)




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









シンガポール雑談 06年10月06日(金) 01:30
故郷・地域・海外 - 海外生活
■ハーゲンダッツの月餅、シャネルとゲラン _____

6日が中秋節なので、ぎりぎりセーフでTakashimayaの地下でやっている巨大催し場での月餅フェアに行ってきた。会場ぎっしり全部月餅店で、試食をやっている。去年は大分食べたのだが、今家にラッフルズ・ホテルの月餅がいっぱいあって食傷気味なので試食はしなかった。
しかーし、忘れていたハーゲンダッツの月餅店に遭遇!こんなのこっちでしか食べられないし、思い出に…となんと1個18ドルもの大金をはたいて買った。大きさは普通の月餅と同じだし、中身も普通にアイスクリームだし、チョコがけではあるけれどなんでこんなに高いのかは分からないが。とけたら大変なのでいそいそ帰って、夫に報告したら、やっぱり値段に突っ込まれ、「ここでしか食べられないものなんてほかにもいっぱいあるじゃん」と切り捨てられてしまい、「一生の思い出と思えば18ドルなんて安いものだ」とよく分からん切り返しを…。
画像は明日載せます。明日食べる予定。(もう今日か)

他に、ネットで話題になっていて気になっていたシャネルの限定チーク53 TURBLENTを購入。青みピンクで見た目は凄いけど、シルバーのピグメントがいっぱい入っていてとても可愛い。若い人向けだ!と頑張ってスルーしていたが、あちこちのコスメブログを見るうちについ…。(同年代の人も買ってたし…。)
それと前から欲しかったゲラン・テラコッタシリーズのブルーのアイライナーを購入。チョコ色やブラックの方がそりゃ使いやすいだろうが、手持ちがあるのと、このブルーが独特の、青の洞窟みたいな綺麗な色だったので。



明日出かけるときつかおっと。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 06年10月05日(木) 01:14
故郷・地域・海外 - 海外生活
■帰国予定立てればよかった _____

今、日本欠乏状態である。
去年も一昨年も10月に一時帰国して秋の味覚を満喫していたものだから、頭も体も日本を求めている。
そもそも今月半ばに夫が1週間日本出張に行くのに合わせて帰ったらどうかと言ってもらっていたのに、決心したときには時すでに遅し。

それにしても今は「飛行機怖い!」はかなりよくなっている気がする。軽症パニック障害はまだ残っていて、昼間から息苦しさが続いたりするが、それにも慣れてしまって恐怖心が伴うことはなくなった。
飛行機恐怖症を治すために色々努力もしている。パイロットさんのブログを読み、CAさんについて読み…。飛行機に親しもうとしているのである。人間の体温を感じようとしているのである。

しかも、当分育児休暇中のドイツに住むフランス人の友達に誘ってもらっているのである。だから、数ヶ月のうちに恐怖症を克服して、寒い冬が過ぎたらドイツを訪れて、友達の家に数日滞在した後ライン川沿いの街々に泊まってフランクフルト空港から戻ろうかな…などとも考えているのだ。それこそ長時間のフライトに耐えなければならない。

それにしても、ヨーロッパには結構行ったがあんな長いフライトをどうやって耐えていたか思い出せない。20年位前初めて行ったときなど、まだソ連上空を飛ぶことが出来なかったので、アンカレッジ経由で18時間もかかったのに。まあ、最初から長時間だと思うと気構えが違って、結構やり過ごせるものなんだけどね。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









よもやま話 06年10月04日(水) 02:12
故郷・地域・海外 - 海外生活
■焼肉、宴の後 _____

今日は昼をそうめんで済ませていたこともあって、夕飯の焼肉をもりもり食べてしまった。生にんにくをたっぷりつけて。ご飯も炊いてあったが、一足先にお腹いっぱいになった夫が食べないと言うので、せっかく炊き立てなのに…とちょっと食べてしまった。

結果、こんな夜中になってお腹が張る!!
「ガスピタン」があったはず…と探したが見つからず、「強力わかもと」を飲んだ。これ9錠も飲まないといけない…。

明日から質素な食事を続けねば。あ、酒もやめねば。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月03日(火) 02:17
故郷・地域・海外 - 海外生活
■Bobbi Brown ACCENT-THE GOLD EVENT _____

Raffles Cityのアトリウムで、今月半ばにボビィ・ブラウンのゴールドコレクション発売に合わせたイベントがある。

80ドル(商品に交換できる)で
・ゴールドコレクションでメイクアップ
・アイブロウのトリミング
・プロスタイリストによるヘアセット
・写真撮影用のゴールドの衣装選び
・プロ写真家による写真撮影
・写真お持ち帰り

どうせシマーブリックのゴールドは買うつもりなので、お得なこの企画に申し込んだ。
以前は上の3サービスだけで同じ価格だったが、今回は写真撮影付きで太っ腹。(写真撮って欲しくないんだけど…。)
前回参加したのははピンクコレクションの時だった。髪型も含めるとかなり派手になったが、今回はゴールドだからもっと派手になりそう。平日3時に予約となった。もっと遅いほうがよかったんだけど(夜出かけるかもしれないので。)夫が飲み会だったりしないといいなぁ~。せっかくプロにヘアメイクして貰えるのだから見てもらいたいし、お食事にでも出かけたい。

昨日はRiverside PointのCafe Iguanaでビールとフローズン・マルガリータを飲み、メキシコ料理を2点頼んだ。ここは雰囲気良くて大人気。しかしメキシコ料理が重いので、かなり辛くなる。ビールはBrewerkz直営なのでおいしい。マルガリータは必ずフローズンで、ジャグも18ドル程度と安い。ついがぶがぶ飲んでしまうが…。ストロベリー・マルガリータもお勧め。リバーサイドで川風に吹かれながら飲むお酒は最高だ。

ところで、色々買ってきたものなど写真にとってアップしたいのだが、夫がカメラを同僚に貸してしまったので出来ない。早く戻ってこないかなぁ。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)









コスメ天国地獄 06年10月02日(月) 01:52
故郷・地域・海外 - 海外生活
■アイクリーム遍歴 _____

初めてアイクリームを使ったのは、はたちくらいの頃だったろうか?当時はカウンターコスメであったレブロンのお姉さんに、「目が大きくて素敵ですね~(ここで持ち上げ)、でも目が大きい人は皺になりやすいんですよ~(ここで脅し)」と言われ、アイケアスティックを買ってしまったのだった。
その後どんなブランドを使っていたかよくは覚えていないが、アイケアはとぎれなくしてきたと思う。確か若い頃はボディショップのアイジェルなんかも使っていた。悩みの種である酷いクマは、どんなクマケア商品を使ってもどうにもならなかった。

そして三十路を迎えたある日、自分の目元が劇的にふけてきたのに愕然とした。「目の下に小じわが…。」
なんとかせにゃならんと思い、意を決して大奮発してラ・プレリーの13000円もするアイクリームを買った。しかし成分が強すぎたのか、逆に今まではなかった妙な一本じわが発生。涙袋に効くようだったので、それがない私には逆に目の下をしぼませる結果となってしまったらしい。
そこでシャネルのアイ・リフト・アンタンス(当時)というアイクリームを試してみた。これが効いた!新たに出来た一本じわも、悩みの種であった小じわも見事に消え、すっかり若返った(当社比)。

以来、困ったときにはシャネル、と決めて普段は安いアイクリームを使い、気になってきたらまたシャネルを使った。ディオールに浮気したこともあったが別に効いた気がしなかったので、また適当に安いのを使った。
30台半ばも過ぎた頃、YSLのカウンターでBAに丸め込まれ、15000円の大枚をはたいてタンマジュール・アイズを買ったが、値段ほどの効果が見られない気がしたし、何より財布が痛くて続かなかった。

こっちに来てからはYSL、Kiehl's、Dr.Hauschkaなどを使っていたが、今はニベアのCoQ10モノ。安い。口コミを見たら、高級品からこれに流れたという人もいるようだった。もはやこの年になると、効いてるのかどうだか良く分からないのだが。30くらいのときのように、劇的にしわが消滅するということもないし。

そのニベアがそろそろなくなるので、次はROCでも試そうかな?と思っていたが、土曜出掛けたときSasaでランコムのRenergie Morpholift Yeuxのお得なキット(ミニサイズのビファシルと同シリーズのクリーム付き)が72シンドルで出ていたのでうっかり買ってしまった。ランコムのアイケアはあんまり評判良くないと知っていたのに…!とりあえずは使ってみないと分からない。

ずっとリピートしたくなる商品に出会えないかな~と思いつつ、1つ使っただけで判断下すのもどうかなぁと思う、なかなか効果の出ないお年頃。
口コミサイトのぴったりサーチを使うと、ドウ・ラメールがお勧めと出ちゃう。買えない。




コメント更新: - ( - ) - / 投稿数:0 / 参照 / 投稿 / TrackBack(0)
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 過去日記
         
2006年9月 ←2006年9月    →2006年11月 2006年11月

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[2006年9月]へ [2006年11月]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。